種類によって直し方のポイントが違う!ニキビ跡

ニキビにはいくつかの種類がある

ニキビ跡と一口に言っても、様々な種類があるということをご存じでしょうか。しかも、種類によってニキビ跡の治し方は異なるのです。
まずは一般的な赤ニキビですが、これはニキビによる炎症が元で血流が滞ってしまい、赤味が残ってしまうことによって出来るものです。比較的軽度のニキビですので、肌のターンオーバーを促すように、規則正しい生活を送ることで自然治癒していきます。睡眠をしっかりと取り、ビタミン類が多く含まれる野菜を食べるようにしましょう。
続いて、茶色の色素沈着が出来てしまったニキビについてです。これはメラニンの作用によるものですので、ビタミン類を多く摂取しながら、美白成分の含まれている美容液を使うと良いでしょう。

最も重度のニキビ跡の対処法

そして、最も重度のニキビ跡と言えば、クレーター状になってしまったものを指します。間違ったニキビケアや、ニキビを潰すことによって出来てしまいます。
自宅ですることが出来るケア方法としては、週に1度程度のピーリングが挙げられます。強制的に新しい角質に変化させてあげることによって、肌のデコボコを目立たなくしていくのです。また、クリニックで治療をするという方法もあります。ケミカルピーリングやレーザーの照射やヒアルロン酸の注入といった方法が主です。
クレーター状のニキビ跡は重度の症状ですので、どちらの方法を選択するにしても、一度専門医の指示を仰いだ方が良いでしょう。もちろん、生活習慣の改善も必須になります。