ニキビ跡を綺麗に直すためのポイント

ニキビ跡を刺激するのは厳禁

憂鬱なニキビ跡ですが、どのような処置をすればキレイに治ってくれるのでしょうか。まずは、絶対に刺激しないということが必要になってきます。
最もしてはいけないのが、ニキビ跡を消そうとして洗顔中に強くこすったり、美容液やクリームを強く刷り込むという方法です。決して強い刺激を与えずに、常に優しくソフトな感じで触れるようにすることが大切です。洗顔の際にも、泡だけで洗うようにしましょう。
また、皮膚の組織が弱っていますので、再度ニキビの炎症を起こす事態を避けるということです。最近だらけの汚れた手で触るのもいけませんし、身体の中から肌の組織を強くしておくことも大切です。食生活も改善していく必要性があることが分かります。

とにかくビタミンCを摂り入れる

ニキビ跡をキレイにするもう一つの方法として、積極的にビタミンCを摂取するという方法です。美容液として肌から吸収させるのも良いですし、野菜や果物などを媒体として口から摂り入れるのも良いでしょう。
どのような働きがあるのかと言いますと、ニキビ跡を色素沈着化させてしまうメラニン色素の発生を抑えたり、肌を再生してくれるのです。老化を防ぐ抗酸化作用もあります。ただ、そのままのビタミンCというのは肌に刺激を与えてしまいますので、ビタミンC誘導体とビタミンCが共に含まれている、化粧水や美容液を付けてあげると良いでしょう。その際にも、あくまでもソフトに優しく浸透させてあげることが必要なことを忘れないようにして下さい。