どうやって直せばいいの?!ニキビ跡

どうしてニキビ跡が残ってしまうの?

ニキビが治った後に、ニキビ跡が残ってしまうと困りますよね。では、なぜニキビ後が残ってしまうのでしょうか。
ニキビ跡は、ニキビが繰り返し同じ場所にできることで、炎症や傷をが残り肌にダメージが蓄積され、ニキビが治った後にも残ってしまう色素沈着によるシミです。赤みがあるニキビ跡が残るタイプや、それがさらにひどくなると紫色に見えるニキビ跡や茶色いシミになってしまったタイプ、クレータができてしまうタイプなどニキビ跡にも色々とあります。ニキビ跡の状態により、治す方法も変わってきます。正しいケアをして、キレイにニキビ跡を治したいですよね。どんな方法でニキビ跡を治すことができるのか、説明していきたいと思います。

ニキビ跡を治してキレイな肌に!

赤みがあるニキビ跡は、ビタミンCが含まれる化粧水や美容液でスキンケアを続けることでセルフケアでもキレイに治すことが可能です。さらに、保湿成分を多く含む乳液を使うことでニキビを予防することもできます。こういったケアを続けることで、ニキビ跡を悪化させず紫色にならないようにしていきます。茶色くシミになってしまったニキビ跡には、ピーリングが効果的です。シミになってしまったニキビ跡をピーリングで薄くしていきます。上記のタイプのニキビ跡は肌のターンオーバーで少しずつ薄くなることも期待できます。
クレータータイプのニキビ跡は、セルフケアだけで治すことは難しいです。刺激を与えないようにし、こまめに保湿することで肌のうるおいを取り戻しある程度きれいな状態に回復することもあります。
ニキビ跡をキレイに治して、ニキビになりにくい肌をめざしましょう。